Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口

「Apple」や「Amazon」からのメールを装い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されている。24時間以内に手続きをしないと「アカウントがロックされる」などと脅す内容だった。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、7月10日に「Apple」を装うフィッシングメールを確認した。

偽メールでは、アカウント情報が無効であるなどと説明。「Apple ID」を再入力するよう求める内容で、24時間以内に対応しないとアカウントをロックするなどと記載し、不安を煽っていた。

メールの本文には「安全提示問題を再度入力」など、不自然な表現も見られ、海外で出回るフィッシングメールから自動翻訳などを用いて作成された可能性が高い。

また7月11日には「Amazon」を装うフィッシングメールも確認されている。「お客様のAmazon ID情報は不足か、正しくないです。」といった件名で送信されていた。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃