Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「7pay」で不正利用被害 - 使い回しなど推測容易なPW利用は危険

セブン&アイグループが7月1日に開始したバーコード決済サービス「7pay」において、不正利用の被害が発生しているとして注意喚起が行われている。

一部のアカウントが、第三者によって不正にアクセスされる被害が発生しているもの。不正にチャージされたといった被害を訴えるSNSへの投稿も見られる。

同サービスを展開するセブン・ペイでは、不正アクセスされる例として、セブンイレブンアプリにおいて第三者が推測しやすいログインIDやパスワードを利用し、クレジットカードやデビットカードを登録する際の認証パスワードが同一であるケースを挙げている。

同社は、身に覚えのない取り引きが行われていた場合に連絡する緊急ダイアルをウェブサイト上でアナウンス。あわせて登録したカードの発行会社へ速やかに連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応