Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客メアド7676件が流出、システムトラブル原因か - Looopでんき

Looopは、電力小売事業「Looopでんき」において、イベントの案内メールを送信する際に不具合があり、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

6月28日17時半ごろ、「真夏の節電大作戦2019、開始のお知らせ」との顧客向けメールを送信する際、不具合が発生した。

委託先がメール配信システムを利用したがトラブルが発生。7676件のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態になったという。

同社は詳細について調査を進めている。また今後不具合の解消が確認されるまで同イベントの開始を延期する方針。

(Security NEXT - 2019/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大
アップデートしたシステムの不具合で会員情報が閲覧可能に - JBBF
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
厚労省の「マイジョブ・カード」、別人情報が表示される不具合
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報