Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ

「Samba」にサービス拒否に陥るおそれがある2件の脆弱性が含まれていることがわかった。開発チームは、脆弱性に対処したアップデートをリリースしている。

「Samba 4.10」にサービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2019-12435」「CVE-2019-12436」が明らかとなったもの。「CVE-2019-12435」は、「同4.9」にも影響がある。

DNSのレコードやゾーンの変更処理に、NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2019-12435」が存在。認証されたユーザーによりRPCサーバがクラッシュし、DNSサーバでサービス拒否が生じるおそれがある。

一方「CVE-2019-12436」は、LDAPサーバのプロセスがサービス拒否に陥る脆弱性。悪用にはLDAPサーバへのアクセス権が必要となる。バージョンや設定によっては、影響の範囲がユーザー自身のアカウントにとどまる場合もあるとしている。

開発グループは、脆弱性を修正した「同4.10.5」「同4.9.9」をリリース。できるだけ早急にパッチを適用するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ