Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府のサイバーアラートに見せかけた偽メールに注意

米国において、米国土安全保障省が発行するサイバー関連の注意喚起に見せかけ、マルウェアへ感染させようとするメールが出回っている。

同省では「国家サイバー啓発システム(NCAS)」を運営し、脆弱性やマルウェア、サイバー攻撃、攻撃グループの分析レポートなど、セキュリティに関する情報発信を行っているが、同システムより発行されるアラートに偽装した攻撃メールが確認されたことから同省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が注意喚起を行ったもの。

メールアドレスを偽装し、​​正規のアラートに見せかけたメールを送りつけ、添付ファイルを開かせる手口で、誤って開くとマルウェアへ感染するおそれがあるという。

同庁では、アラートのメールにファイルを添付することはないと説明。著名な組織からのメールであっても、添付ファイルやメールに記載されたURLを開くのではなく、関連組織の正規サイトを直接参照するなど、用心するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を