Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省

経済産業省は、「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン第1版」を策定した。

ビルのオーナーや建設会社、設計事務所、設備機器ベンダー、制御システムセキュリティの有識者などが参加する同省の「ビルサブワーキンググループ」において検討し、3月から4月にかけて実施したパブリックコメントを経てガイドラインを取りまとめたもの。

同ガイドラインでは、ビルシステムに対して考えられる脅威について、場所や機器ごとに分類。想定されるインシデントやリスク源、対策要件などをポリシーレベルで整理。

またビルやビルシステムにおいて、設計、建築、竣工検査、運用、改修、廃棄といったライフサイクルを考慮し、各フェーズごとに実施すべき対策を取りまとめた。

さらにビルを含む制御システムがおかれている脅威の状況について説明。対策に向けて基本的な考え方を教育するための資料にも利用できるよう工夫したという。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少