Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携

アルプスシステムインテグレーションは、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」と、ノースグリッドのオンラインストレージソフトウェア「Proself Gateway Edition」の連携ソリューションを提供開始した。

「InterSafe FileProtection」は、ファイルの自動暗号化とアクセス管理を実現するソフト。組織内にオンラインストレージが構築できる「Proself Gateway Edition」との連携に対応したもの。

アップロードしたファイルを自動で暗号化し、アクセス権限を付与し、ダウンロード後も暗号化およびアクセス権限が維持できる。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加