Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店

京急百貨店は、顧客が利用したクレジットカードの利用情報を、カード会社へ重複して送信する不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、5月27日にカード会社へクレジットカードなどの利用情報を送信する際の処理に不具合が発生。カード会社12社に対し、重複した情報が送信されたという。

対象となるのは、2018年11月8日から2019年4月15日までの間、一部売り場を除く同店において、カードで商品を購入した顧客。

クレジットカードの利用限度額が一時的に超過して利用できないケースや、クレジットカード会社により、再度利用明細が送付される可能性があるという。今回の不具合にともなう個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性