Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店

京急百貨店は、顧客が利用したクレジットカードの利用情報を、カード会社へ重複して送信する不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、5月27日にカード会社へクレジットカードなどの利用情報を送信する際の処理に不具合が発生。カード会社12社に対し、重複した情報が送信されたという。

対象となるのは、2018年11月8日から2019年4月15日までの間、一部売り場を除く同店において、カードで商品を購入した顧客。

クレジットカードの利用限度額が一時的に超過して利用できないケースや、クレジットカード会社により、再度利用明細が送付される可能性があるという。今回の不具合にともなう個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県