Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」

5月27日から6月3日まで、プライバシー問題や個人情報保護の重要性を啓発する「Privacy Awareness Week」を迎えている。

アジア太平洋プライバシー執行機関(APPA)では、各参加機関に対し毎年事務局が定める月に「Privacy Awareness Week」を設定。期間中はプライバシー問題と個人情報保護の重要性に対する認識向上に向けた活動を行うよう義務付けている。

2019年度は5月中に開始することが決められたため、個人情報保護委員会では、第51回APPAフォーラムおよびG20サイドイベントが行われる5月27日から6月3日までを、2019年度の「Privacy Awareness Week」に設定した。

期間中は、APPAフォーラムの開催のほか、個人情報の取り扱いマナーをまとめた啓発ポスターを、地方公共団体の庁舎や郵便局に掲示するなど、個人情報の保護と活用についての理解を深める活動を展開。

また「G20大阪サミット」のサイドイベントとして、6月3日に安全で自由な個人データ流通の価値について議論する「個人データ国際セミナー」を都内で開催する予定。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件