Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本も狙う「APT10」にあらたな動き - 一見問題ない実行ファイルから攻撃展開

攻撃グループは、ダウンローダとして4種類のファイルを展開。実行ファイルは一見問題ないように見えるが、同梱される悪意あるライブラリファイルを読み込むいわゆる「DLLサイドローディング」によって、攻撃を実行していた。

また同じく同梱されていたバイナリファイルは暗号化されており、メモリ上に展開されたあと、「PlugX」や「RedLeaves」と類似した方法で復号化が行われていたという。

また一連の攻撃では、韓国のIPアドレスをコマンド&コントロール(C&C)サーバの通信先としており、正規企業に関連あるかのように見せかけた「kaspresksy[.]com」「microsofts[.]org」といったドメインを悪用。攻撃で確認されたzipファイルからは、「APT10」が使用することで知られる「Poison Ivy」も見つかっている。

(Security NEXT - 2019/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み