Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性

三菱電機が提供する制御機器「MELSEC-Qシリーズ」のネットワークインタフェースユニットにサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同シリーズ向けに提供されているEthernetインタフェースユニット「QJ71E71-100」の一部に脆弱性「CVE-2019-10977」が明らかとなったもの。

同インタフェースのFTPサービスへ細工したパケット送りつけることで、強制的にエラーモードへ移行させ、サービス拒否を引き起こすことが可能だという。シリアル番号の上5桁が20121以前のバージョンが影響を受けるとしている。

三菱電機では、脆弱性へ対処したファームウェア「バージョン20122」をリリース。ネットワークにおける適切なアクセス制限や同ユニットのFTP機能を無効にするなど緩和策がアナウンスされている。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper