Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催

電子政府推奨暗号や新暗号技術の評価や暗号技術の利用に関するガイドラインなどを策定しているプロジェクト「CRYPTREC」は、7月12日に都内でシンポジウムを開催する。

同プロジェクトは、政府の暗号技術検討会、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する暗号技術評価委員会と暗号技術活用委員会で構成されている。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2019」では、2017年度、2018年度の活動状況をはじめ、暗号技術の安全性評価、利活用に関する検討状況などを報告するもの。

会場は、品川シーズンテラスカンファレンスで参加費は無料。申し込みは先着順で受け付け、定員となり次第締め切る。

20190521_ct_001.jpg
CRYPTRECシンポジウム2019のプログラム

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC