Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催

電子政府推奨暗号や新暗号技術の評価や暗号技術の利用に関するガイドラインなどを策定しているプロジェクト「CRYPTREC」は、7月12日に都内でシンポジウムを開催する。

同プロジェクトは、政府の暗号技術検討会、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する暗号技術評価委員会と暗号技術活用委員会で構成されている。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2019」では、2017年度、2018年度の活動状況をはじめ、暗号技術の安全性評価、利活用に関する検討状況などを報告するもの。

会場は、品川シーズンテラスカンファレンスで参加費は無料。申し込みは先着順で受け付け、定員となり次第締め切る。

20190521_ct_001.jpg
CRYPTRECシンポジウム2019のプログラム

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査