Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催

電子政府推奨暗号や新暗号技術の評価や暗号技術の利用に関するガイドラインなどを策定しているプロジェクト「CRYPTREC」は、7月12日に都内でシンポジウムを開催する。

同プロジェクトは、政府の暗号技術検討会、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する暗号技術評価委員会と暗号技術活用委員会で構成されている。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2019」では、2017年度、2018年度の活動状況をはじめ、暗号技術の安全性評価、利活用に関する検討状況などを報告するもの。

会場は、品川シーズンテラスカンファレンスで参加費は無料。申し込みは先着順で受け付け、定員となり次第締め切る。

20190521_ct_001.jpg
CRYPTRECシンポジウム2019のプログラム

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ