Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター

同医師になりすまし、第三者によって送信されたメールは、5月20日の時点で都庁に対して4件、同法人に対して3件、同医師とメール送受信があった関係者に対して3件が確認されている。

同アカウントのメールボックスには、8335件の送受信メールが保存されており、これらが流出した可能性がある。

8335件のメールのうち、患者に関する個人情報が含まれるメールは24件。

そのうち10件のメールにはファイルが添付されており、あわせて3656人分の個人情報が含まれる。

氏名や受付日、検査結果などインフルエンザに関する検査結果を記録したリストが3463人分にのぼる。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体