Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けたことがわかった。同医師の端末がマルウェアに感染した可能性があり、原因について調べている。

同センターを運営する東京都保健医療公社によれば、同医師が利用する端末内やメールアカウント内の個人情報が流出したもの。

同医師がやりとりしたことがある相手に対し、同医師を差出人に見せかけ、マルウェアを添付したメールが送信された。

5月15日18時前、同センターにおいて米国のサーバを発信元としたマルウェアメールを受信。翌16日に都庁と同法人で同様のメールを受信したことから問題が発覚し、ネットワークから同医師の端末を遮断した。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区