Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けたことがわかった。同医師の端末がマルウェアに感染した可能性があり、原因について調べている。

同センターを運営する東京都保健医療公社によれば、同医師が利用する端末内やメールアカウント内の個人情報が流出したもの。

同医師がやりとりしたことがある相手に対し、同医師を差出人に見せかけ、マルウェアを添付したメールが送信された。

5月15日18時前、同センターにおいて米国のサーバを発信元としたマルウェアメールを受信。翌16日に都庁と同法人で同様のメールを受信したことから問題が発覚し、ネットワークから同医師の端末を遮断した。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
インスタアカウントが乗っ取り被害、DMに個人情報 - 建築設計会社
スマホゲーム「イケメン戦国」で障害 - 不正アクセス原因か
サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta
東京辰巳国際水泳場の指定管理者がマルウェア感染 - 利用者情報が流出か
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - 通信機器メーカー
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
「ProjectWEB」の被害組織数を上方修正 - 富士通