Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集

北朝鮮の関与が疑われるAPTグループが、「Bluetoothデバイス」に関する情報を収集していることがわかった。「DarkHotel」との関連性も指摘されている。

国家の関与が疑われる攻撃グループ「ScarCruft」の活動状況について、Kaspersky Labが報告したもの。

同グループは、「APT37」「Reaper」「Group123」「Red Eyes」としても知られるサイバー攻撃グループ。朝鮮語を使用しており、朝鮮半島に関連する企業や外交機関から政治的な情報を収集しており、北朝鮮が関与していると見られている。

標的型攻撃メールや水飲み場型攻撃を中心に活動を展開。攻撃にはゼロデイ脆弱性のほか、画像ファイルに悪意あるコードを隠ぺいする「ステガノグラフィ」などを用いるなど、巧妙で高い技術を持つとされる。

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
北朝鮮支援グループが医療機関にランサム攻撃 - 米政府が注意喚起
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC