Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集

北朝鮮の関与が疑われるAPTグループが、「Bluetoothデバイス」に関する情報を収集していることがわかった。「DarkHotel」との関連性も指摘されている。

国家の関与が疑われる攻撃グループ「ScarCruft」の活動状況について、Kaspersky Labが報告したもの。

同グループは、「APT37」「Reaper」「Group123」「Red Eyes」としても知られるサイバー攻撃グループ。朝鮮語を使用しており、朝鮮半島に関連する企業や外交機関から政治的な情報を収集しており、北朝鮮が関与していると見られている。

標的型攻撃メールや水飲み場型攻撃を中心に活動を展開。攻撃にはゼロデイ脆弱性のほか、画像ファイルに悪意あるコードを隠ぺいする「ステガノグラフィ」などを用いるなど、巧妙で高い技術を持つとされる。

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず