Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に明らかとなった深刻な脆弱性に対処するアップデートをリリースした。

解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-7837」に対応したもの。脆弱性は「Windows」「macOS」「Linux」のいずれも影響を受けるという。

任意のコードを実行されるおそれがあり、脆弱性の重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とした。脆弱性の悪用は確認されていない。

脆弱性の判明を受けて、同社はデスクトップやブラウザ同梱版向けに最新版となる「同32.0.0.192」をリリースした。

アップデートの適用優先度は、「Linux」を除き、30日以内を目安にアップデートを推奨する3段階中2番目にあたる「2」とレーティング。「Linux」については任意のタイミングでアップデートするよう求める「3」とし、利用者へ対応を求めている。

20190515_as_001.jpg
各プラットフォーム向けに脆弱性を修正した「Adobe Flash Player 32.0.0.192」がリリースされた

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper