Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府

大阪府は、高校の教員が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報を含むUSBメモリと書類が盗まれたことを明らかにした。

同府によれば、4月21日未明、大阪市内のコインパーキングに駐車した車両が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリや書類を鞄ごと盗まれたもの。

教員は、同日1時ごろに無許可でUSBメモリや書類を持ち出し、1時45分ごろより駐車。荷物を置いたまま約1時間半ほど車から離れた間に被害に遭った。

USBメモリには、59人分の氏名や保護者氏名、住所、電話番号などを保存。そのうち33人については出身中学校や入試の総合点、順位なども含まれる。また書類には、2019年度の1年生256人分の氏名が記載されていた。

盗難の発覚後、教員は警察に通報し被害届を提出。同日朝に学校へ報告した。同校では学年集会を開いて説明と謝罪を行うとともに、対象となる卒業生には謝罪の書面を配布。保護者向けの説明会なども実施する。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県