Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局

大阪市水道局南部水道センターの委託業者が、水道利用者向けに送付した書類において、連絡先の電話番号を誤って記載していたことがわかった。

同市によれば、水道メーター検針や料金の徴収などを行う委託業者が、水道料金の督促業務において利用者へ送付した書類に、連絡先として委託業者の電話番号を記載すべきところ、担当者が誤って第三者の電話番号を記載したもの。

4月12日、水道料金のことで多数のまちがい電話がかかってきたと同センターに連絡があり、確認したところ記載の誤りが判明した。

対象となるのは、4月2日から9日にかけて委託業者が送付した、転居した顧客に未収分の水道料金の支払いを依頼する書類53件。連絡先の電話番号が誤って記載されていたため、第三者に問い合わせの電話が約10件かかってきたという。

同センターでは、電話番号が記載された対象者に説明と謝罪を行った。書類の送付先には、訪問して謝罪するとともに、書類の回収を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も