Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局

大阪市水道局南部水道センターの委託業者が、水道利用者向けに送付した書類において、連絡先の電話番号を誤って記載していたことがわかった。

同市によれば、水道メーター検針や料金の徴収などを行う委託業者が、水道料金の督促業務において利用者へ送付した書類に、連絡先として委託業者の電話番号を記載すべきところ、担当者が誤って第三者の電話番号を記載したもの。

4月12日、水道料金のことで多数のまちがい電話がかかってきたと同センターに連絡があり、確認したところ記載の誤りが判明した。

対象となるのは、4月2日から9日にかけて委託業者が送付した、転居した顧客に未収分の水道料金の支払いを依頼する書類53件。連絡先の電話番号が誤って記載されていたため、第三者に問い合わせの電話が約10件かかってきたという。

同センターでは、電話番号が記載された対象者に説明と謝罪を行った。書類の送付先には、訪問して謝罪するとともに、書類の回収を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
自転車観光事業でメール誤送信、職員が機能を勘違い - 佐賀県
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都