Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連

北海道厚生農業協同組合連合会は、同連合会本部および札幌厚生病院の従業員に関する個人情報を、道議会議員に漏洩したことを明らかにした。

同会によれば、同会役員が使用目的を確認せずに、道議会議員からの依頼に対して個人情報を提供したもの。

パンフレットを配布するとの目的で従業員の個人情報を提供してほしいとの依頼に対し、同会本部と札幌厚生病院の従業員72人の氏名、住所、電話番号、職位、職種などを提供した。

個人情報は、提供を受けた道議からさらに別の道議会議員候補者の手にわたり、従業員に対して同候補者から身に覚えのない後援会入会の礼状が届いたという。

(Security NEXT - 2019/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託