Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連

北海道厚生農業協同組合連合会は、同連合会本部および札幌厚生病院の従業員に関する個人情報を、道議会議員に漏洩したことを明らかにした。

同会によれば、同会役員が使用目的を確認せずに、道議会議員からの依頼に対して個人情報を提供したもの。

パンフレットを配布するとの目的で従業員の個人情報を提供してほしいとの依頼に対し、同会本部と札幌厚生病院の従業員72人の氏名、住所、電話番号、職位、職種などを提供した。

個人情報は、提供を受けた道議からさらに別の道議会議員候補者の手にわたり、従業員に対して同候補者から身に覚えのない後援会入会の礼状が届いたという。

(Security NEXT - 2019/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出