Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応

クオリティアは、メールセキュリティ対策製品「Active! zone」の新版を提供開始した。サンドボックス機能などを追加している。

新版ではサンドボックス機能としてソフォスの「Sophos Sandbox」を追加。マルウェアチェックで「グレー」と判定された場合にサンドボックスで検証を実施する。

パスワード付きファイルは、分離された環境で展開してマルウェアであるか検証することが可能。

危険性があると判定された場合はダウンロードをブロック。問題ないと判定されたファイルは「原本をダウンロード」「マクロを除去してダウンロード」など、ユーザーが選択できる。

価格はマルウェア検知とサンドボックスオプション込みで100ユーザー年間35万6400円から。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア