Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応

クオリティアは、メールセキュリティ対策製品「Active! zone」の新版を提供開始した。サンドボックス機能などを追加している。

新版ではサンドボックス機能としてソフォスの「Sophos Sandbox」を追加。マルウェアチェックで「グレー」と判定された場合にサンドボックスで検証を実施する。

パスワード付きファイルは、分離された環境で展開してマルウェアであるか検証することが可能。

危険性があると判定された場合はダウンロードをブロック。問題ないと判定されたファイルは「原本をダウンロード」「マクロを除去してダウンロード」など、ユーザーが選択できる。

価格はマルウェア検知とサンドボックスオプション込みで100ユーザー年間35万6400円から。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス