Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金

徳島信用金庫は、顧客情報が記載された領収書や納入書などを紛失したことを明らかにした。

同金庫によれば、2月14日、本店営業部において文書の保存箱1箱の紛失が判明したもの。紛失した書類は、公共料金の収納領収書や自治体の納入書など1万4158件で、氏名や住所、納付金額、顧客番号や通知番号などが含まれる。

同金庫では、不要書類を廃棄した際に誤って一緒に廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせや、不正使用の報告なども確認されていないという。

紛失した書類に関する納付手続きはすべて完了しており、納付への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県