Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省

経済産業省は、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)」を策定、公表した。

従来型のサプライチェーンはもちろん、サイバー空間と物理空間が融合した「Society5.0」や「Connected Industries」における次世代型のサプライチェーン全体においてセキュリティを確保できるよう、対策の全体像を整理し、指針として取りまとめたもの。2度にわたるパブリックコメントを経て決定した。

同フレームワークは、コンセプト、ポリシー、メソッドの3部で構成。「Society5.0」や、「Connected Industries」のサプライチェーンについて「バリュークリエイションプロセス(価値創造過程)」と定義。同プロセスにおいて信頼性を確保できるよう組織の状況に応じたセキュリティ対策を取りまとめた、

各分野の産業構造や商習慣など、許容できるリスクが異なることを踏まえつつ、今後は実装に向けて主要な産業分野に展開。具体的なセキュリティ対策の検討を進める。

また横断的な対策が求められる「データ区分に応じたセキュリティ対策」「転写機能を持つ機器・システムに求められるセキュリティ対策」「オープンソースソフトウェアを含むソフトウェアの管理手法」に関するタスクフォースを設置し、検討を進めていく。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映