Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会

九州大学の同窓会組織である九州大学造船会は、会誌の名簿において、一部会員の個人情報を誤って掲載したことを明らかにした。

同会によれば、会誌「吾」94号の名簿に公開しないはずの個人情報が掲載されたもの。

名簿のデータベースから印刷用データを抽出する際、本来同期生のみ公開とする住所や電話番号、メールアドレス90件のほか、公開しない設定の住所3件がミスにより含まれていたという。

同会では、誤掲載が発生した会誌の回収といった対応については、費用の工面やすべての会員から理解を得ることが困難など、課題があることから今後検討するとしている。

再発防止に向けては、内容を即時訂正することができる電子版の導入や、名簿公開区分の変更などを検討するという。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
メールアドレスリスト含む異なるファイルをサイトに誤掲載 - 愛知県病院薬剤師会
「市民の声」投稿者の個人情報をサイトに誤掲載 - 豊中市
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
民生委員向け調査資料に非対象者の個人情報 - 龍ケ崎市
県民割登録宿泊施設の非公開情報を誤掲載 - 群馬県
都労働委員会公表の命令書に個人情報 - 匿名化せず公開
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市