Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会

九州大学の同窓会組織である九州大学造船会は、会誌の名簿において、一部会員の個人情報を誤って掲載したことを明らかにした。

同会によれば、会誌「吾」94号の名簿に公開しないはずの個人情報が掲載されたもの。

名簿のデータベースから印刷用データを抽出する際、本来同期生のみ公開とする住所や電話番号、メールアドレス90件のほか、公開しない設定の住所3件がミスにより含まれていたという。

同会では、誤掲載が発生した会誌の回収といった対応については、費用の工面やすべての会員から理解を得ることが困難など、課題があることから今後検討するとしている。

再発防止に向けては、内容を即時訂正することができる電子版の導入や、名簿公開区分の変更などを検討するという。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
新型コロナ陽性者の氏名をサイトに誤掲載 - 福岡県
約7カ月にわたり個人情報を市サイトに掲載 - 有田市
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町