Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応

Oracleは、「Java SE」の最新版をリリースした。5件の脆弱性を修正している。

四半期ごとにリリースしている「クリティカルパッチアップデート(CPU)」として修正を実施したもの。影響を受ける脆弱性はバージョンによって異なるが、あわせて5件に対処したという。

共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてもっともスコアが高かったのは、「Windows」のライブラリファイルに関する脆弱性「CVE-2019-2699」で、「9.0」とレーティングされている。また同脆弱性を含む4件は、いずれも「7.5」以上だった。

同社は、脆弱性へ対処した「Java SE 12.0.1」「同11.0.3」「同8u211」およびバグの修正を含む「同8u212」、「同Embedded 8u211」を公開。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ