Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論

複数の「VPNアプリケーション」で、「Cookie」を安全に格納しない問題が存在するとしてセキュリティ機関が注意を呼びかけている。一部ベンダーは脆弱性と認めておらず、反論している。

複数ベンダーのVPN製品で、認証やセッションの管理に用いる「Cookie」をメモリやログへ不適切に保存する問題が明らかとなったもの。窃取されると「なりすまし」に悪用されるおそれがある。

Palo Alto Networksが「Windows」や「macOS」向けに提供するVPNクライアント「Palo Alto Networks GlobalProtect Agent」で明らかとなったほか、Pulse Secureの「Pulse Connect Secure」やF5 Networksの製品についても同様の問題が指摘されている。

Palo Alto Networksでは、脆弱性「CVE-2019-1573」として対処。アップデートとなる「GlobalProtect Agent 4.1.1」をリリースした。それ以外のベンダーに関しては、1月に通知済みだが修正方法などの説明はないという。

(Security NEXT - 2019/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意