Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ

AutoMobility Distributionが提供するスマートデバイス向けアプリ「MyCar Controls」に脆弱性が明らかとなった。リモートより車両が操作されるほか、物理的なアクセスを許すおそれもある。

同製品は、車両に搭載したテレマティクスユニット「MyCar」の制御を行うために提供されているスマートデバイス向けアプリ。同ユニットと通信し、車両のキーを解除したり、始動させることができる。

今回、同アプリに管理者の認証情報がハードコードされている脆弱性「CVE-2019-9493」が判明したもの。

管理者の認証情報は、サーバとエンドポイントで通信する際に利用する「ユーザー名」および「パスワード」の代わりに利用できるという。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も