Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ

脆弱性を悪用されると、攻撃対象のテレマティクスユニットにリモートよりコマンドを送信したり、データを取得することが可能となるほか、車両の位置情報を取得したり、ロックを解除するなど、車両が物理的にアクセスされるおそれもある。

「iOS」「Android」いずれのプラットフォームも影響があり、管理用の認証情報を削除した最新版がそれぞれ提供されている。また管理用の認証情報についても無効化された。

CERT/CCによれば、同システムはOEMにより供給されており、「Carlink」「Linkr」「Visions MyCar」「MyCar Kia」といったブランドでも展開されており、同じくアップデートが提供されているという。

今回の脆弱性について開発者は、アップデートが提供されるまでの期間に、プライバシー侵害をはじめ、悪用の報告は受けていないとしている。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者