Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に2件の脆弱性 - 早急にアップデートを

Sambaの開発チームは、脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。できるだけ早く適用するよう利用者へ呼びかけている。

開発チームによれば、影響を受ける脆弱性は、バージョンによって異なるが、2件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2019-3870」は、本来所有者のみにアクセスが制限されるべき領域において、パーミッションに誤りがあり、ファイルを書き込むことが可能となる脆弱性。

また「Windows」のレジストリサービスをエミュレートする機能において、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2019-3880」が判明した。権限がないユーザーによってあらたなレジストリハイブファイルを作成されるおそれがある。

開発チームでは、セキュリティアップデートとなる「Samba 4.10.2」「同4.9.6」「同4.8.11」やパッチをリリース。できるだけ早くアップデートを実施するよう利用者に注意を喚起した。

また「CVE-2019-3870」に関しては、すでに導入済みの環境に対してアップデートを実施しても、ファイルやディレクトリのパーミッションは修正されないため、利用者が権限を変更し、書き込みを制限するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応