Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続

ディノス・セシールは、同社の通信販売サイト「セシールオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受け、一部アカウントで不正ログインが発生したことを明らかにした。

同社によれば、3月17日に中国および国内それぞれ1件のIPアドレスより、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」が同サイトに対して行われたという。

当初中国から約1000件のログイン試行があり遮断したが、直後より国内のIPアドレスより同様の攻撃が発生。あわせて2929回のログインの試行が行われた。

いずれもアクセス元はいずれも一般的なブラウザを使用しておらず、ログイン試行の実行間隔なども同一であったことから、プログラムなどを用いた同一の攻撃者による犯行と見られている。

(Security NEXT - 2019/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に