Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、機能の改善やバグの修正にくわえ、セキュリティ面では、CVEベースであわせて50件の脆弱性を修正した。

カーネルに関する脆弱性6件や「WebKit」に関する脆弱性19件のほか、「Wi-Fi」や「Siri」「Safari」「メール」「位置情報サービス」などの脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-6201
CVE-2019-6204
CVE-2019-6207
CVE-2019-6222
CVE-2019-6237
CVE-2019-7284
CVE-2019-7285
CVE-2019-7292
CVE-2019-7293
CVE-2019-8502
CVE-2019-8503
CVE-2019-8504
CVE-2019-8505
CVE-2019-8506
CVE-2019-8510
CVE-2019-8511
CVE-2019-8512
CVE-2019-8514
CVE-2019-8515
CVE-2019-8516
CVE-2019-8517
CVE-2019-8518
CVE-2019-8521
CVE-2019-8523
CVE-2019-8524
CVE-2019-8527
CVE-2019-8529
CVE-2019-8530
CVE-2019-8535
CVE-2019-8536
CVE-2019-8540
CVE-2019-8541
CVE-2019-8542
CVE-2019-8544
CVE-2019-8545
CVE-2019-8546
CVE-2019-8549
CVE-2019-8550
CVE-2019-8551
CVE-2019-8552
CVE-2019-8553
CVE-2019-8554
CVE-2019-8556
CVE-2019-8558
CVE-2019-8559
CVE-2019-8562
CVE-2019-8563
CVE-2019-8565
CVE-2019-8566
CVE-2019-8567

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消