Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念

ディー・エル・マーケットは、同社が運営するコンテンツ販売サイト「DLmarket」の提供を6月28日に終了すると発表した。

同サービスは、電子書籍や楽譜、イラスト素材などデジタルコンテンツを取り扱うダウンロード販売サイト。不正アクセスにより、顧客のクレジットカード情報7741件が流出した可能性があるとして、2018年11月12日よりサービスを停止していた

同社は外部機関による調査のもと、サービス再開に向けてセキュリティ対策の強化などを進めていたが、セキュリティを確保するにはシステムの抜本的な見直しが必要であることが判明。開発に要する期間や事業環境などを検討した結果、サービスの再開を断念したという。

過去に購入した作品の再ダウンロードについては、6月28日正午まで依頼があれば個別に対応する。作品を販売し、売上金の残額がある会員に対しては、支払い方法や時期など個別に連絡する方針。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性