Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か

歯科関連の書籍を扱う通信販売サイト「歯学書ドットコム」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む個人情報が流出した可能性があることがわかった。ポータル内における別のサイトについても被害が生じた可能性があるという。

同サイトを運営するクインテッセンス出版によれば、ウェブサーバにおいてシステムの脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。2018年12月28日にクレジットカード会社から決済代行会社を通じて指摘があり、社内で調査したところ問題が発覚した。

今回の不正アクセスでは、「歯学書ドットコム」において、2012年11月11日から2018年12月28日までにクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報が流出した可能性がある。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所や電話番号、生年月日、メールアドレスなど最大5689件にのぼるという。

また同サイトは歯科関連のポータルサイト「クイント・デンタルゲート」内で運営されており、同ポータルサイトの会員のほか、ポータルサイト内にある歯科求人サイトや日本国際歯科大会の利用者など、同社が保有する個人情報についても被害を受けた可能性がある。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出