Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用

「Windows」が影響を受けるゼロデイ脆弱性が明らかになった。Googleが公表したもので、標的型攻撃で積極的に悪用されているという。

問題の脆弱性は、同社がすでに明らかにしている「Chrome」の「CVE-2019-5786」とともに、ゼロデイ脆弱性として、2月27日に報告を受けたものだという。

「Windows」のカーネルモードドライバである「win32k.sys」において、権限の昇格が生じるNULLポインタ参照の脆弱性で、サンドボックスを回避するために使用されるおそれがある。

同社は、同脆弱性を「Windows 7」のみ影響を受けるものと分析。実際に32ビット版の「Windows 7」を対象として、積極的な標的型攻撃が展開されているという。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
「Windows印刷スプーラーサービス」にあらたなゼロデイ脆弱性 - MSがパッチ開発中
MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も