Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」へのゼロデイ攻撃が明らかに - 早急に最新版へ更新を

Googleが提供するブラウザ「Chrome」に脆弱性「CVE-2019-5786」が明らかとなった問題で、同脆弱性に対し、ゼロデイ攻撃が発生していたことがわかった。

「CVE-2019-5786」は、「FileReader」において解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性。Googleでは、「Windows」「macOS」「Linux」に対し、同脆弱性を修正した最新版「同72.0.3626.121」を3月1日にリリースしている。

リモートより悪用されるおそれがある脆弱性で、Googleは当初悪用について言及していなかったが、その後同脆弱性について悪用に関する報告を受けていたことを明らかにした。攻撃の詳細については言及していない。

アップデートは数日から数週間以内に自動で展開されるが、攻撃の発生を受けてセキュリティベンダーなどは、利用中の「Chrome」が最新版へアップデートされているか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み