Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ

日立システムズは、統合監視サービスおよびインシデント対応サービスを提供開始した。

同社が展開するセキュリティソリューション「SHIELD」においてサービスメニューを強化したもの。

「SHIELDセキュリティ統合監視サービス」は、専用センサーを設置し、内部の機器に対して定期的な脆弱性診断を実施。収集したログやアラートを分析して攻撃を検知する。遠隔からネットワークを遮断するといった緊急対応も可能。

一方、「SHIELDセキュリティインシデント応急対応サービス」では、サイバー攻撃を受けた際、初動対応で必要となる情報を提供する。

同社が指定したログ情報やマルウェアの検体を提供することで、ビジネスに与える影響などを調査。5日以内に報告する。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア