Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック

システム開発やソフトウェアの販売などを手がけるゼネテックは、元従業員が取引先情報を無断で持ち出した問題で、不正競争防止法違反容疑で元従業員が逮捕、起訴されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のエンジニアリングソリューション本部に関する取引先との取引情報などを、元従業員が無断で社外へ持ち出していたもの

警視庁は、元従業員について不正競争防止法違反の容疑で1月23日に逮捕。2月13日に起訴した。

同社では1年以上前となる2017年11月に事態を公表。告訴の準備などを進めていた。また今回の問題を受けて暗号化や外部記憶媒体の制御、アクセス履歴の管理など再発防止策に取り組んでいるという。

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
個人情報漏洩で弘前市の職員が逮捕
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕