Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック

システム開発やソフトウェアの販売などを手がけるゼネテックは、元従業員が取引先情報を無断で持ち出した問題で、不正競争防止法違反容疑で元従業員が逮捕、起訴されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のエンジニアリングソリューション本部に関する取引先との取引情報などを、元従業員が無断で社外へ持ち出していたもの

警視庁は、元従業員について不正競争防止法違反の容疑で1月23日に逮捕。2月13日に起訴した。

同社では1年以上前となる2017年11月に事態を公表。告訴の準備などを進めていた。また今回の問題を受けて暗号化や外部記憶媒体の制御、アクセス履歴の管理など再発防止策に取り組んでいるという。

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

容疑者PCに日大アカウント91件 - 入手の経緯は不明
伝説的なハッカーのKevin Mitnick氏、59歳で亡くなる
元従業員が逮捕、社内サーバに不正アクセス - システム会社
県立高校6校で女子生徒の個人情報が盗難 - 岐阜県
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に