Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者装い「防災グッズ送る」とウソ - 個人情報聞き出す電話が多発

東京消防庁は、職員を装い、個人情報を聞き出す電話が多発しているとして、注意を呼びかけた。

同庁によれば、2月以降、同庁の職員を名乗る不審な電話が多発しているという。

電話では、防災グッズや防災マップを無料で配布するなどと説明。氏名と住所を聞き出そうとするほか、同居者の有無、家族の人数など聞き出そうとしていた。

同庁では、電話をかけて防災グッズを配布したり、こうした目的で個人情報を聞き出すことはないとして、類似した電話に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「MS Edge」にセキュリティ更新 - 独自の修正も実施
ブラウザ「MS Edge」にアップデート - 9件の脆弱性を修正
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性4件を解消
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
MS、3月の定例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性は含まず
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市