Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも

直近の攻撃では、脆弱なウェブサイトを改ざんし、仮想通貨を発掘する「Javascript」ベースのコインマイナー「CoinIMP」を埋め込もうとしていた。

また「CVE 2019-6340」に関しては、複数の緩和策が示されていたが、一部緩和策では攻撃が防げないことがその後判明している。

RESTモジュールにおいて「POST」「PATCH」といったリクエストを受け付けないことが当初緩和策のひとつとしてアナウンスされたことに対し、Ambionics Securityは、「GET」リクエストを用いた攻撃が可能であり、誤りであると指摘。

利用者に誤解を与えかねないとし、アップグレードするか、RESTモジュールの無効化が必要であると説明し、「実証コード(PoC)」を公開した。開発チームも同問題を認めてアドバイザリを修正している。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開