Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、脆弱性を狙った攻撃が発生していることがわかった。当初アナウンスされた一部緩和策に誤りがあったことも判明している。

問題の「CVE 2019-6340」は、モジュール「RESTful Web Services」を有効化している場合、任意のPHPコードが実行可能となる脆弱性。

脆弱性の公開後、脆弱なシステムを探索していると見られるアクセスが国内でも観測されており、Drupalの開発チームでもエクスプロイトに関する多数の報告を受けているという。

Impervaでは、複数のサイトを対象とした攻撃が展開されていることを検知。同社によれば、数十にわたる同社の顧客サイトにおいて、複数国、複数の攻撃者を発信元とする攻撃をブロックした。

攻撃は2月23日に集中しており、100件超を検知。攻撃対象となったサイトには、金融機関や政府のサイトも含まれていた。翌24日にも攻撃は検知されたが、数件のレベルまで収束している。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も