Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、脆弱性を狙った攻撃が発生していることがわかった。当初アナウンスされた一部緩和策に誤りがあったことも判明している。

問題の「CVE 2019-6340」は、モジュール「RESTful Web Services」を有効化している場合、任意のPHPコードが実行可能となる脆弱性。

脆弱性の公開後、脆弱なシステムを探索していると見られるアクセスが国内でも観測されており、Drupalの開発チームでもエクスプロイトに関する多数の報告を受けているという。

Impervaでは、複数のサイトを対象とした攻撃が展開されていることを検知。同社によれば、数十にわたる同社の顧客サイトにおいて、複数国、複数の攻撃者を発信元とする攻撃をブロックした。

攻撃は2月23日に集中しており、100件超を検知。攻撃対象となったサイトには、金融機関や政府のサイトも含まれていた。翌24日にも攻撃は検知されたが、数件のレベルまで収束している。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も