Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を

「Docker」や「Kubernetes」「cri-o」などで採用されているコンテナのランタイム「runc」に脆弱性が見つかった問題で、はやくも複数の実証コード(PoC)が公開されている。

問題の「CVE-2019-5736」は、ファイル記述子の処理に起因する脆弱性。細工したコンテナより「runc」のバイナリを上書きし、ホストするシステムのroot権限でコードの実行が可能となる。

開発グループでは、OpenWallにおけるルールのもと、2月18日にエクスプロイトコードを公開すると予告。利用者に対し、それまでに脆弱性へ対応するよう呼びかけていたが、同日を待たず、複数の実証コード(PoC)が公開されている状態だ。

GitHubでは、開発グループとは関係ないと見られる複数の第三者が「CVE-2019-5736」の「PoC」をアップロード、公開しており、誰でも容易に入手できる状態となっている。こうした状況を受け、JPCERTコーディネーションセンターではあらためて注意を喚起、対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で