Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、2月の月例のセキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性を除き、CVEベースで74件の脆弱性を修正している。

20190213_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Exchange Server」「ChakraCore」における脆弱性に対処した。

さらに「.NET Framework」「Visual Studio」「同Code」「Azure IoT SDK」「Microsoft Dynamics」「Team Foundation Server」の脆弱性を修正。同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを実施している。

脆弱性の最大深刻度は、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が20件、次いで深刻度が高い「重要」が51件。さらに1段階低い「警告」が3件だった。

(Security NEXT - 2019/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性