Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性

NTTドコモが提供するLGエレクトロニクス製Android端末「V20 PRO L-01」において、細工されたアクセスポイントへ接続するとクラッシュする脆弱性が明らかとなった。

「Passpoint」を利用した接続処理に脆弱性「CVE-2019-5914」が存在。Passpointに対応した悪意あるアクセスポイントへ接続すると、端末がクラッシュするおそれがある。

同脆弱性は、本間雅史氏、札幌学院大学の原田寛之氏、東北大学後藤英昭氏より情報処理推進機構(IPA)に報告があり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み