Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで

貨幣セットなどを扱う造幣局オンラインショップにおいて、注文履歴画面に関係ない別の顧客情報が表示される不具合が発生したことがわかった。

同サイトを運営する造幣局によれば、1月23日から28日にかけて、注文履歴画面に注文者とは別の顧客の履歴情報も表示され、閲覧できる状態となっていたという。顧客から指摘があり問題が判明した。

システムの保守における作業ミスが原因で、対象となる顧客は66人。氏名や住所、電話番号、ファックス番号、購入履歴などが含まれる。

今回の問題を受け、同局では対象となる購入者に対し、説明と謝罪を行った。不具合についてはすでに修正済みだという。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス