Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ

一部Linuxディストリビューションが、パッケージ管理に採用している「apt(Advanced Packaging Tool)」に、リモートより任意のコードが実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

同ツールを用いてパッケージをインストールする際に、マンインザミドル(MITM)攻撃や悪意あるミラーから不正なプログラムをダウンロードさせることが可能となる脆弱性「CVE-2019-3462」が明らかとなったもの。セキュリティ研究者のMax Justicz氏が報告した。

プログラムの署名の検証プロセスに問題があり、不正なプログラムをダウンロードし、root権限で任意のコードを実行されるおそれがあるという。

今回の報告を受け、DebianやUbuntuなど一部ディストリビューションでは、アップデートの提供を開始。またリダイレクトを無効にする緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市