Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tカード会員情報、捜査機関に提供 - 令状なしで2012年から

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、同社発行ポイントカード「Tカード」の会員情報を令状なしに捜査機関に提供していたことを明らかにした。今後は明示し、同様に提供していくという。

一部メディアが報じたことを受けて明らかにしたもの。従来は裁判所の令状が発行された場合にのみ、会員の個人情報を提供してきたが、2012年以降、捜査機関の「捜査関係事項照会書」の要請に対しても、会員の個人情報を提供していた。

同社では、こうした個人情報の取り扱いについて、個人情報保護方針や会員規約には示していなかった。

個人情報保護ガイドライン通則編では、「捜査関係事項照会書」について、法令に基づき本人の同意なく扱うことが可能とされている。一方任意捜査に基づくものであり、要請を断った場合も罰則は定められていない。

同社は、こうした対応について「保有する個人情報は年々拡大し、社会的情報インフラとしての価値も高まってきた」とし、「社会貢献を目指した」と説明。

同社は、こうした個人情報の取り扱いについて明確に伝えるとし、1月21日に個人情報保護方針を改訂。T会員規約についても今後明記するとしている。

(Security NEXT - 2019/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委