Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tカード会員情報、捜査機関に提供 - 令状なしで2012年から

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、同社発行ポイントカード「Tカード」の会員情報を令状なしに捜査機関に提供していたことを明らかにした。今後は明示し、同様に提供していくという。

一部メディアが報じたことを受けて明らかにしたもの。従来は裁判所の令状が発行された場合にのみ、会員の個人情報を提供してきたが、2012年以降、捜査機関の「捜査関係事項照会書」の要請に対しても、会員の個人情報を提供していた。

同社では、こうした個人情報の取り扱いについて、個人情報保護方針や会員規約には示していなかった。

個人情報保護ガイドライン通則編では、「捜査関係事項照会書」について、法令に基づき本人の同意なく扱うことが可能とされている。一方任意捜査に基づくものであり、要請を断った場合も罰則は定められていない。

同社は、こうした対応について「保有する個人情報は年々拡大し、社会的情報インフラとしての価値も高まってきた」とし、「社会貢献を目指した」と説明。

同社は、こうした個人情報の取り扱いについて明確に伝えるとし、1月21日に個人情報保護方針を改訂。T会員規約についても今後明記するとしている。

(Security NEXT - 2019/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト