Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベースボール・マガジン社になりすます詐欺サイトに注意

ベースボール・マガジン社は、同社になりすました不正サイトが確認されているとして、注意を喚起した。詐欺の可能性がある。

同社によれば、問題のサイトは「日用品、生活雑貨」の販売をうたっており、有名スポーツブランドのウェアなどを販売しているかのように偽装。会社概要に同社の名称や住所、電話番号などを記載していた。

一方、会社概要には同社と無関係である担当者名とメールアドレスを表示していたという。

同社は、同社が運営する通販サイトは「SportsClick」のみであると説明。なりすましサイトへ注意を呼びかけるとともに、誤って利用した場合は、カード会社は警察へ相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取