Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合

米時間1月8日に公開されたマイクロソフトの月例セキュリティ更新を適用すると、特定環境下でファイルサーバに接続できなくなる問題が発生することがわかった。

同社によると、月例ロールアップ「KB4480970」「KB4480968」や、セキュリティ更新プログラム「KB4480960」「KB4480957」に問題が存在。「Windows 7 SP1」「Windows Server 2008 R2 SP1」へ適用した際に不具合が生じるという。

「Administratorsグループ」に所属するローカルユーザーでファイルサーバへアクセスする際、NTLM認証に問題がありアクセスに失敗。共有フォルダやネットワークプリンタへアクセスが行えなくなる状態に陥る。

同社では修正プログラムの準備を進めている。また「Administratorsグループ」に所属しないローカルアカウントや、ドメインアカウントを用いてアクセスした場合は影響を受けないとし、回避策としてアナウンスしている。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性119件を修正 - ゼロデイ脆弱性にも対処
SAP、月例セキュリティパッチ11件を新規リリース - 重要度「Hot News」の脆弱性も
MS、2月の月例パッチを公開 - 脆弱性71件に対処
SAP、2月の月例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性を修正
MS、月例セキュリティパッチを公開 - 脆弱性48件に対応
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
SAP、月例パッチで脆弱性23件を解消 - 深刻度最高の「HotNews」2件