Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「spam-byebye」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同2.2.1」および以前のバージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-16206」が見つかったもの。同プラグインの設定ページへアクセスできるユーザーが影響を受けるという。

同脆弱性は、坂上良朗氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。開発者より脆弱性を修正した「同2.2.2」がリリースされている。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正