Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超

2020年10月13日にサポートが終了する「Office 2010」に関しては、2018年1月から11月末までに34件の脆弱性がJVN iPediaに登録されたが、28件が深刻度「危険」の「レベルIII」で、82%を占める。

サポートが終了すると、あらたな脆弱性が発見されても修正プログラムは提供されなくなる。

OSのサポート終了は、OSそのものだけでなく、OS上で稼働するブラウザやテキストエディタのほか、サードパーティー製のソフトウェアにも及ぶと指摘。

脆弱性を悪用した攻撃により、情報漏洩やサービス停止などの被害を受ける可能性が高まるとして同機構では注意を呼びかけている。

20190111_ip_002.jpg
サードパーティ製品の更新も止まるため注意が必要(図:IPA)

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価