Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超

約1年後の2020年1月14日にサポートの終了を迎える「Windows 7」「Windows Server 2008」。直近11カ月間の両製品に関する脆弱性は、約3割が「危険」に相当するものだった。

情報処理推進機構(IPA)が、2018年1月から11月末までに、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」へ登録された両製品の脆弱性情報について分析したもの。

同期間の「Windows 7」に関する脆弱性は124件。共通脆弱性評価システム「CVSS」において深刻度「危険」の「レベルIII」に該当する脆弱性は36件で29%にあたる。

また「Windows Server 2008」「同 2008R2」については123件が登録されがが、28%にあたる35件が深刻度「危険」の「レベルIII」だった。

20190111_ip_001.jpg
「Windows 7」における脆弱性のCVSS分布(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定